JOBトリビア

働き方の今がわかる
お仕事情報 工場で働くとは?みんなの疑問を大解剖

機械オペレーターが女性におすすめな理由は?仕事内容や向いている人も解説!

2022.07.06

こんにちは。工場・製造業求人サイト「イカイジョブ 」編集部です。

製造業において欠かすことのできない業種である機械オペレーター。一見、男性向きの業種だと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、実は機械オペレーターは、女性にも向いている仕事です。そこで今回は、機械オペレーターが女性に向いている理由をご紹介します。また、機械オペレーターがどういった仕事なのか、どんな人が向いているのかなども一緒に見ていきましょう。

機械オペレーターの仕事内容は?

機械オペレーターは、文字通り機械を操作するのが主な仕事内容。難しい仕事を担っているイメージも持たれがちですが、高度な技術があまり必要ない単純な軽作業が多く、慣れてしまえば簡単にできるお仕事です。

例えば、金属の加工や切断、自動車やバイクの部品製造、食品や印刷物の梱包などが代表的。ほかにも、プレス作業などを行う機械を操作したり、建築現場でフォークリフトやショベルカーを操縦したりするのも機械オペレーターに含まれる仕事です。さらに、化学工場で化学肥料や合成繊維、洗剤などの化学製品をつくるための機械を操作する仕事もあります。このように、機械オペレーターとひと口に言ってもその種類はさまざまで、意外なことに身近な製品の製造に関わっていることも少なくありません。

機械オペレーターの仕事は、製造業や建設現場などに関わるものをつくる機械の操作がメイン。それに加えて、機械を動かすためのプログラミングや、機械の整備・点検と検査、データ入力などの事務作業などもセットで業務に含まれていることがほとんどです。

機械オペレーターは女性でもできる?

機械オペレーターは、全国各地のエリアで経験の有無や性別を問わない求人募集が多くあります。基本的に機械操作がメインになるため、力仕事に自信がなくても働きやすく、女性歓迎とされているケースもしばしば。

機械オペレーターの種類によっては資格が必要な場合もありますが、無資格で携われる仕事もあります。職場によっては、未経験から雇用を開始し、就職後に資格取得支援を行っているケースもあるよう。また、学歴や年齢制限はあまり設けられていない傾向にあり、幅広い人にとって挑戦しやすい業界で人気があります。

機械オペレーターが女性におすすめな理由は?

機械オペレーターがなぜ女性におすすめなのか、その理由を詳しくチェックしていきましょう。

力がなくても働ける

機械オペレーターは、主に機械操作がメインの仕事です。そのため、力仕事がほとんどなく、女性や高齢の方でも働きやすい業種。

場合によっては、力が必要となる原材料の運搬作業が含まれることもありますが、それ以外は機械操作を中心にプログラミングやデータ入力などがほとんどです。そのため、力を必要としない作業が多く、パワーに自信がなくても挑戦しやすいでしょう。

力仕事に自信がない方は、求人に応募する前に、原材料の運搬作業の有無など、力仕事が含まれていないかしっかりチェックしておくのがおすすめです。

高収入を目指せる

地域や職場によっても差がありますが、機械オペレーターのパート・アルバイトの時給はおおよそ1,400円前後と言われており、一般的な時給よりも高めの傾向にあります。経験を積むことでスキルアップすれば、時給アップや社員登用などが期待できます。また、資格取得により時給が高くなったり、手当が支給されたりするケースもあるようです。

派遣社員に登録している場合では時給1,300円前後、正社員では月給28万円程度と言われており、年収で考えても比較的安定した職業と言えるでしょう。正社員の場合も、パート・アルバイトと同様に、経験を積むことでスキルアップすれば、役職に就けたり手当がアップしたりと、高収入を目指すこともできます。また会社によっては、家賃補助や寮の完備、通勤費の支給などがあるのも魅力的な点です。

工場勤務がメインとなる機械オペレーターは、主に昼間に働く日勤と夜勤を含む交替制の2パターンの勤務形態が採用されています。夜22時から朝5時までは、法律で25%時給をアップさせなければいけないと定められているため、夜勤をした場合はより高収入を目指すことができるでしょう。ただし、夜勤は体に負担がかかりやすいため、体調管理に気をつけてバランス良く働く必要があります。

シフト勤務でスケジュールが組みやすい

機械オペレーターの仕事では、シフト制度を導入している企業が多くあります。そのため、土日には予定を入れたい、祝日には家族サービスをしたいなど、自身の希望に沿ってスケジュールが立てやすいのも女性におすすめする理由のひとつです。日勤や夜勤といった働く時間帯を選べるケースもあり、ライフスタイルに合った働き方をしやすい傾向にあります。

工場や企業によって労働時間の区切りが異なるため、どの時間帯に働きたいかをだいたい絞ってから求人を探すと、より働きやすい機械オペレーターの仕事が見つかるはずです。

人間関係を気にしなくて良い

一般社団法人日本産業カウンセラー協会によると、働いている人からの相談数は、どの年代でも男性より女性のほうが多かったのだとか。その相談内容のなかで多かったのが職場での人間関係です。このように、女性が人間関係で悩むケースは珍しくなく、ストレスを抱えている方も多いよう。

機械オペレーターの仕事は、基本的にスタッフと共同で作業をする機会が少ないため、ほぼ人間関係を気にする必要がありません。一緒に働くスタッフとは、すれ違う程度のケースがほとんど。このように、スタッフ同士で深く関わる機会が少ないため、人間関係でストレスを感じたり、悩みを抱えやすかったりする女性にもぴったりです。

 

機械オペレーターに向いている人は?

機械オペレーターの仕事は、力仕事がほとんどない、スケジュールが立てやすいなど、女性にとってうれしい魅力がたくさんあります。しかし、性格などによっては不向きな場合も。そこでここでは、機械オペレーターにはどんな人が向いているのか、代表的な3つの条件を詳しくご紹介しましょう。

単純作業が好きな人

機械オペレーターは、マニュアルに沿った作業を繰り返し行う仕事です。そのため、単純作業が好きな方に向いています。シンプルな作業を繰り返し行い続けることが苦にならない方はもちろん、工場全体の中で自分がどんな役割を担っているのか把握して作業できる、といった広い視野を持つ方にもぴったりです。

機械オペレーターは単純な作業を繰り返し行いますが、製品に合わせて機械を微調整するなど繊細な作業も含まれているため、こういった小さなことも楽しめる姿勢を持ち合わせていると良いでしょう。

ものづくりが好きな人

機械オペレーターは、機械を操作してものをつくるため、ものづくりが好きな方にも向いています。人は誰しも好きなことには情熱を注ぎ、やりがいを感じられるもの。情熱を注ぎやりがいが感じられれば自然と技術力もアップし、さらに楽しさが感じられて高収入も期待できるなど、明るい未来が開けるはずです。

機械オペレーターには、部品やものをつくる製造系や建材を加工切断、フォークリフト操作といった建設に関わる仕事など幅広い種類があります。このなかで、自分自身が興味を持てる職場を選択することでより力が発揮でき、楽しく仕事に取り組めるでしょう。

集中力がある人

コツコツと作業をこなす必要がある機械オペレーターは、集中力が必要な仕事です。同じことを繰り返しても集中力を切らすことなく作業できる能力も求められます。作業中に集中力が途切れてしまい万が一ミスをすると、生産数が足りなくなる可能性も。また、工場全体がストップしてしまう事態も考えられるため、重要なポイントと言えるでしょう。

集中力に加えて、ミスをしないための慎重さ、正確性なども一緒に求められることが多いため、今一度自分の性格と照らし合わせてみましょう。

女性も機械オペレーターとして活躍しよう!

性別年齢問わず求人募集がある機械オペレーター。未経験、無資格でもトライしやすい業種で、力仕事もほとんどないため、女性が活躍する現場も増えてきています。自分にマッチする職場が見つかれば、スキルアップや高収入も目指せる魅力的な仕事。オペレーションする機械の種類はもちろん、勤務形態や自分の性格なども考慮して、働きやすい職場を見つけましょう。

カテゴリ一覧