JOBトリビア

働き方の今がわかる
お役立ち情報 工場で働く際にきっと役に立つ工場あるある&お役立ち情報
NEW

工場勤務は冷暖房完備がおすすめ!メリットや仕事内容を解説!

2023.01.23

こんにちは。工場・製造業求人サイト「イカイジョブ」の編集部です。
工場での仕事は機械部品の組立や食品製造など、さまざまな種類があります。仕事内容の選定も大切ですが、勤務地となる工場の環境にも注意しておきたいところです。快適に働ける職場条件の1つに、冷暖房が挙げられます。今回は冷暖房完備の工場勤務をおすすめする理由をご紹介します。工場勤務を検討している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

冷暖房完備の工場で働くメリットは?

冷暖房完備の工場で働くメリットにはどのような点があるのでしょうか?具体的に解説していきましょう。

年中働きやすい

冷暖房完備の工場は、気候に左右されず1年中働きやすい点が魅力です。気象庁が発表した2022年の東京都の気温を例にあげると年間最低気温は1.1度、年間最高気温は32.0度で、その気温差は30度以上もあります。すべての工場が冷暖房を完備しているわけではないので、厳しい寒さや暑さの中で作業しなければなりません。
冷暖房が完備されていれば、冬場に指先が凍えて作業に困ることもありません。また夏場のムシムシとした暑さや湿気に煩わされず、快適に作業できるため、作業効率も一定です。工場内で稼働している機械の熱によって室温が上昇することがありますが、冷房があるので熱中症のリスクも少ないでしょう。

服装など気温への対策をしなくてすむ

冬場であっても、少し寒さが和らぐ日もあれば、一段と冷え込む日もあります。日に応じて服装を変えたり、防寒グッズを用意したりしなければならないのは手間ですよね。冷暖房完備の工場では、快適な室温が保たれているので、いろいろと対策をする必要はありません。動きやすい恰好でいるだけでいいので、気軽に勤務できます。
冷暖房が完備されていない工場での勤務は寒さ・暑さ対策をしなければなりません。冬場であれば、防寒用の衣服やカイロ、夏場は吸汗性・放湿性のある下着を身に付けたり、ファン付きウェアを着用したりしなければ、暑さはしのげません。

体調を崩しにくくなる

どんなに暑さ、寒さ対策をしていても、厳しい気候の中での作業は身体に負担がかかります。夏場であれば、熱中症の危険があります。塩分と水分を欠かさず摂取し、適宜休憩しなければ、熱中症になる可能性は高いです。
また厳しい寒さが続く冬場は、風邪やインフルエンザに罹患してしまうこともあるでしょう。もし時給で働いている人であれば、体調不良によって勤務日数が減ってしまうのは困りますよね。冷暖房完備の工場では快適な室温が保たれ、体調を崩す回数も減るでしょう。

冷暖房完備の工場が多い業界は?

では冷暖房完備の工場はどんな業界に多いのでしょうか?

生鮮食品工場

野菜や肉、魚などの生鮮食品は安全性を保障するために、徹底された温度管理が求められます。傷みやすい肉や魚は冷凍庫で保存する場合も多く、夏場でも寒いくらいの温度設定にしている工場もあります。冷凍庫のあるエリアで作業するときは、防寒対策が必要です。ただし、扱う食品によっては、常温に近い温度設定の工場もあるので、一概には言えません。
生鮮食品工場での仕事は未経験でも始められますが、有資格者は採用が有利になったり、給料が上がったりすることがあります。食品工場で活かせる資格は、「第一種衛生管理者」「食品衛生管理者」「フォークリフト」などです。夜勤は基本給が上がるので、効率良く稼ぎたい方には夜勤を選択肢に入れても良いでしょう。

食品製造・加工工場

食品関連の工場では、パンやお菓子、お惣菜などの製造を行います。細菌が増えてしまうと、食品が傷んでしまうので、徹底した温度・湿度・衛生管理が基本です。そのため、ほとんどの食品製造工場では冷暖房を完備しています。
生鮮食品工場のように冷凍庫で保存する食品は少ないため、温度設定は常温です。夏場でも防寒対策をする必要はないでしょう。ただし、食品の種類によっては、オーブンが常に稼働している工場もあり、周辺温度が上がっている可能性があります。それ以外の場所では、冷暖房が効いているので、比較的快適に仕事ができるはずです。
食品製造工場では、何キロもある小麦粉や砂糖などの材料を運ばなければならないときもあります。食品の種類によっては、重量物の取り扱いのない工場もあるため、体力に自信のない方は、重労働の少ない工場を選ぶことをおすすめします。

精密機械製造・組立工場

精密機器の製造工場は、熱によって部品や工場内の作業機械が壊れる可能性があるので、冷暖房を完備しているところが多いです。また小さなホコリやゴミが付かないように、クリーンルームを設けている場合が多く、温度・湿度が徹底して管理されています。
仕事内容は、精密機械の製造や組立てなどで、図面を見ながら作業を行います。正確性が求められる作業ですが、冷暖房が完備してあるので、集中して作業できるのが魅力です。

医薬品製造工場

医薬品製造工場もクリーンルームでの作業が可能です。ゴミや細菌が付着しないように、専用の衣服(クリーンスーツ)を着用して作業します。室温・湿度が一定に保たれ、空気がきれいなので、花粉やハウスダストのアレルギーがある方には働きやすい環境です。
なかには細菌の侵入を防ぐために化粧やアクセサリーの着用を禁止している工場もあります。毎日おしゃれするのが億劫な方にはぴったりの職場だと言えます。単純作業が多く、未経験者でもチャレンジしやすい環境です。

冷暖房完備の工場の仕事内容は?

冷暖房完備の工場では、主にどんな仕事内容があるのでしょうか?主な仕事として「軽作業」「部品の組立」「検品作業」の3種類を紹介していきます。

軽作業

工場や倉庫などの荷物の運搬や梱包、ピッキングなどをする仕事です。仕事内容は比較的簡単で、資格が必要ない場合もあります。時給も高いことから、男女問わず人気があるのが特徴です。顧客と対面する仕事ではないので、接客業が苦手な方や人見知りの方にも抵抗感なく仕事ができます。繰り返し作業になるので、同じ作業を繰り返すのが苦でない方に向いているでしょう。

部品の組立

図面をもとに部品を組み立てる仕事です。具体的には、自動車や小型機械、家電製品などがあります。特に資格は必要なく、性別や年齢を問わず働けるのが魅力です。プラスチック部品を用いる組立作業の現場では、女性も多く活躍しています。鉄製の部品よりも軽いので、力仕事に自信がない方にもおすすめの仕事です。

検品作業

製品に欠陥がないか確認・検査する仕事です。検品の対象は、機械や食品、自動車などさまざまな製品があります。具体的には、製品が正常通りに動作するかを確認したり、不良品を取り除いたりする作業です。食料品や医薬品などを扱う場合は、手袋やマスクの着用が義務付けられています。土日休みの工場もあり、週末に連続して休みを取ることが可能です。また車通勤ができる職場もあるため、自宅から駅が離れている方も入社しやすいです。

冷暖房完備の工場勤務は魅力がいっぱい!

今回の記事では、冷暖房完備の工場で働く魅力を紹介しました。空調設備のある工場勤務のイメージが持てましたか?工場での仕事内容は重労働のイメージがありますが、冷暖房が完備されていれば、快適な環境の中で作業できます。軽作業の仕事もあるので、女性でも取り組みやすいです。また、早朝勤務で夕方には仕事を終えられる工場もあるので、子育て世代の方も働きやすいでしょう。いろいろな勤務先を見比べ、自分に合った職場を見つけてくださいね。

カテゴリ一覧