JOBトリビア

働き方の今がわかる

お仕事情報 工場で働くとは?みんなの疑問を大解剖

「工場での軽作業」がどんな仕事か知りたい! そんなあなたに 軽作業の代表的なお仕事をご紹介します!

2019.06.19

軽作業ってどんなお仕事?

大手メーカー工場求人や製造派遣・請負会社の求人募集の「工場での軽作業」。
「軽作業」の明確な定義はないので、具体的な作業内容は、求人内容を確認するしかないようですが
製品製造メーカーや工場の派遣スタッフを募集している会社の内容を見てみると、
「軽めの製品・部品を扱う作業」「未経験OKの簡単作業」を「軽作業」と呼ぶ場合が多いようです。

軽作業で活躍している人はどんな人?

身体の負担が少なめで特別な知識や経験がなくても安心してスタートOKの軽作業は、
工場のお仕事が
はじめての未経験者や女性にも人気のお仕事です。
勤務時間は日勤や交替などフルタイムワークをはじめ、時短勤務OKなどを取り入れる工場も増えており
ライフスタイルに合わせた働き方を探してみることもできそうです。

軽作業の仕事内容は?

業種や扱う製品によって作業内容もさまざまな「軽作業」の中から
最もポピュラーであろうお仕事をいくつかご紹介します。

【検査】

製品や部品を見てチェックするだけの「目視検査」や器具を使った計量を行う手作業検査など、製品や部品の質をチェックするお仕事です。
ライン作業上で行われることがほとんどですが、器具を使った検査はワンオペ作業(ライン作業ではなく単独での作業)など作業形態もさまざまです。

【ピッキング】

倉庫や工場内保管庫から製品・部品を選定する作業です。
出荷前の準備作業の場合と部品を製造工程に搬入する場合があり、指示書や指示伝票通りに
作業を進めればよいので未経験にも勤務しやすい職場です。
搬入された製品・部品を規定された場所に分類する「仕分け作業」と兼務するケースもあり
求人サイトでは「仕分け・ピッキング作業」と記載されます。
重量物はフォークリフトを使うためフォークリフト資格が必要になりますが
資格取得をサポートし、就業しながら取得が可能な場合もあります

【加工】

小物製品や軽量部品の加工も軽作業になります。
製造現場では加工作業のほとんどがオートメーション化されており、ボタンひとつで加工作業が行えます。加工する部品を機械にセットして加工ボタンを押す、終了したら部品を機械からはずす作業です。
「加工マシンオペレーター」と書かれる場合も多いため見逃しがちですが、軽量部品や小型部品を扱う軽作業もたくさんあります!軽作業のお仕事探しの際は是非チェックしましょう。

その他塗装補助や医薬品製造関連など一見すると難しそう・・と思う職種も、
補助的な作業や教育・研修制度が充実していたりと、
未経験からスキルアップ可能なお仕事もたくさんあります。
気になったお仕事は問い合わせたり工場見学を希望するなど、気軽に連絡してみましょう。